ザイロリックのメイン画像

痛風の症状

痛風の症状の画像

尿酸値が異常に高いことを健康診断で指摘されたことがある方は、痛風または予備軍ではないかと心配になるでしょう。

痛風は尿酸が体内に溜まって結晶になり、関節炎が起こって痛みを伴う病気です。

現在、日本では500万人もの人々が痛風患者、または痛風予備軍であると言われています。
少しでも心あたりがある方は、痛風かどうか症状を注意深く観察することが大切です。

痛風の症状

痛風が起きる前に血液中の尿酸値が高い状態がしばらく続きます。これを長期間放置していると、関節が腫れるといった症状が出始めます。
この時、猛烈な痛みが生じるのですが、これを痛風発作と呼びます。

これをそのままにしておくと痛みが治まることが多いため、自然に治ったと安堵してしまいがちなのですが、しばらくすると再発することがほとんどです。

最初は関節の痛みや腫れだけであっても、長いこと治療を受けていないと症状がどんどん深刻化してしまい、腎臓に障害を負ったり、慢性の痛風に移行する危険性があります。

痛風と間違えやすい病気

関節が痛くなることで痛風だと思うかもしれませんが、下記の病気も関節炎をともない症状が痛風と似ていることで、間違う可能性があります。

・外反母趾
・変形性関節症
・蜂窩織炎
・関節リウマチ など

痛風だと勘違いして痛風のお薬を服用しても、上記の病気である場合は薬の効果が得られません。

痛風かもしれないと思った際には、自己判断ではなく一度病院を診察することをお勧めします。

なお、痛風である場合、食生活の改善と併せてザイロリックなどの薬で治療を行うことが一般的です。
痛風であると確信した際には、長期スパンで薬を服用して徐々に尿酸値を下げる必要があります。

毎回病院に行って薬を処方してもらうと金銭的な負担がかかるでしょう。
海外医薬品を扱う通販サイトでは、ザイロリックが低価格で購入でき、まとめての購入も可能です。

Copyright(c) 2017 痛風のお供にザイロリック All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com