ザイロリックのメイン画像

女性の痛風

女性の画像

痛風は男性がかかる病気だと思われがちです。
確かに、痛風患者のほとんどは男性なのですが、近年では女性で痛風になる人も増えてきています。

女性は女性ホルモンによって痛風になりにくい体質であるのですが、なぜ今女性の痛風患者が増えているのでしょうか。
その要因として、現代人が抱えるストレスや食の欧米化などが挙げられます。

欧米では痛風患者の2割が女性

日本では痛風患者のうち女性は2%であるというデータがあります。
圧倒的に男性が多い病気なのですが、欧米では2割が女性と言われているのです。

なぜこうも違うのかというと、欧米の食文化がプリン体を多く含むため、プリン体の過剰摂取で女性でも尿酸値が高くなってしまう傾向にあるからです。

日本でも増えている女性痛風患者

食の欧米化が進む日本では、女性でも痛風の症状を訴える人が増えているのが現状です。

外食産業が活性化し、外で気軽にビールや美味しいものを飲食できる環境が充実しているため、無意識のうちにプリン体を多く取り入れています。

また、現代人は多くのストレスを抱えていますが、ストレスによって女性ホルモンが減少することも女性患者の増加につながっているのです。

現代人の中でも特に女性は社会進出によって子育ての傍ら仕事をするようになり、色々な場面でストレスを感じることが多くなりました。
そのような時代背景が、今の日本の痛風事情に反映されているのではないでしょうか。

ザイロリックは女性も服用できる薬

痛風の治療でよく使用されるザイロリックと呼ばれる薬は、もちろん女性でも安心して服用できる薬です。
長期的に服用を続けることで、尿酸値を徐々に下げて理想の値まで戻すことが可能です。

女性が痛風と診断されると「まさか自分が…」と大きなショックを受けるかもしれませんが、ザイロリックを服用すれば症状を改善できるでしょう。

Copyright(c) 2017 痛風のお供にザイロリック All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com