ザイロリックのメイン画像
痛風のお供にザイロリック   >   痛風の合併症

女性の痛風

合併症の画像

痛風は血中の尿酸が高い状態が長期にわたって続くことで発症する生活習慣病です。

日本ではかつて中年の男性がかかる病気だと信じられてきましたが、最近では若い人や女性でも発症しやすくなっています。

痛風にかかってしまうと、関節に痛みが走るだけでなく、合併症を発症する危険性も出てくるのです。
痛風の合併症にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

腎障害

尿酸の結晶は主に関節に溜まっていくのですが、その次に沈着しやすいのが腎臓です。
尿酸が腎臓に沈着すると、腎機能が低下し尿酸が外に排泄されにくくなります。
そしてさらに尿酸が結晶化され、この悪循環が続くことで腎不全や慢性腎臓病を招くと言われています。

尿路結石

尿路結石とは膀胱や尿道など尿の通り道に結石ができてしまう病気です。
血中の尿酸が高くなると尿が酸性に傾くことで尿の中の尿酸が溶けにくくなってしまい、結石へと変わってしまうのです。

尿路結石は尿管と言われる管に激しい痛みを伴います。
数日で痛みは治まりますが、治療せずにいると再発しやすいのです。

動脈硬化

心筋梗塞や脳卒中など日本人の死因のトップにはいる病気の中には動脈硬化によって引き起こされるものがあります。

実は尿酸値が異常に高い状態は動脈硬化の原因になっていることが最近の研究で判明したのです。
これは尿酸が血管に炎症などのダメージを与えるからだと言われています。

痛風は早期の治療が大切

痛風を放置しておくことは、上記で挙げた病気を引き起こすことになります。
後々後悔しないためにも、痛風になったら早いうちに手を打つことが大切です。

痛風は薬物療法で効率良く治療しましょう。
ザイロリックという薬は尿酸値を下げる効果があり、多くの痛風患者に使用されています。
通販サイトで購入すると手ごろな価格で手に入るため、長期的に続けやすいでしょう。

Copyright(c) 2017 痛風のお供にザイロリック All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com