ザイロリックのメイン画像
痛風のお供にザイロリック   >   お酒に強い人の痛風発症率

お酒に強い人の痛風発症率

お酒の画像

「痛風」と効くと、ビールや枝豆などからプリン体を過剰に摂取して起こる病気と想像するかもしれません。

プリン体を多く摂りすぎることで、血液中の尿酸値が異常に高くなってしまい、関節炎をともなう猛烈な痛みに見舞われます。

お酒を飲みすぎると、プリン体を知らず知らずのうちに大量に摂取しているので痛風のリスクが高まるのですが、実は遺伝子レベルでも痛風になりやすい人がいます。
遺伝でアルコールに強い人は、痛風になりやすいという研究結果が出たのです。

防衛医科大学校と国立遺伝学研究所などが行った研究によると、「2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」と呼ばれるアルコールを分解する酵素に遺伝子変異がある人は、そうでない人に比べて痛風を発症しにくいようです。

さらに、ALDH2に遺伝子変異がなくお酒に強い人は、変異がある人に比べて痛風にかかる確率が2倍に上ると判明したのです。

お酒を頻繁に飲む習慣がある人はアルコールの摂りすぎで痛風を発症しやすいことは昔から知られていましたが、遺伝子の関係でお酒に強い人が痛風になりやすいことが分かったのはごく最近のことです。

お酒をあまり飲まない方でも、お酒に強いと思っている方は注意が必要だと言えます。

お酒をたくさん飲まないからと言って痛風にかからないと思っていると、いつの間にか痛風を発症していたということになるかもしれません。

痛風または痛風予備軍であるかどうかは、尿酸値を測らないと断定できないため、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

痛風であると発覚した際には、食事療法や薬物療法を行います。
痛風の薬で代表されるのがザイロリックと呼ばれる薬で、毎日服用することで尿酸値を理想の値に戻すことができます。

ザイロリックは通販サイトで購入が可能なので、毎回病院に行って処方してもらう余裕がないという方におすすめです。

Copyright(c) 2017 痛風のお供にザイロリック All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com