ザイロリックのメイン画像
痛風の症状の画像

痛風の症状

痛風は早期に発見して早めに治療することが大切です。発見や治療が遅れると症状が進行して慢性化したり腎不全を患うことがあります。痛風の症状で身に覚えのあるものがあれば疑った方が良いでしょう。

詳細を確認する

痛み止めの薬の画像

痛風に痛み止めのみはOK?

痛風を改善するには、痛みを抑えるだけでなく尿酸値を下げる必要があります。痛み止めのみの服用はその場しのぎでしかなく、痛風の治療にはなりません。痛風治療にはザイロリックがお薦めです。

詳細を確認する

お酒の画像

お酒に強い人の痛風発症率

痛風は主に生活習慣が悪いことで発症しますが、遺伝的に痛風になりやすい人がいるという研究結果がでました。お酒に強い方は、痛風になる確率がそうでない人の2倍に及ぶので、注意が必要です。

詳細を確認する

お酒の画像

女性の痛風

痛風はかつて男性の病気だと思われていましたが、最近では女性の痛風患者が増えているのです。食の欧米化やストレスが要因であると言われています。女性の痛風にもザイロリックがオススメです。

詳細を確認する

お酒の画像

痛風の合併症

痛風を放置しておくと、関節以外にも腎臓などの臓器にも悪影響を及ぼします。痛風の合併症として、腎不全や動脈硬化による心筋梗塞などが挙げられます。合併症予防には、早期の治療が大切です。

詳細を確認する

ザイロリックの副作用

副作用の画像

ザイロリックは痛風のお薬に使用されます。
痛風尿酸値が異常に高い状態が長期間続くことで発症しますが、ザイロリックには尿酸値を下げる効果があるのです。

日本には現在500万人もの人が痛風になっていたり、痛風予備軍であるのですが、ザイロリックが彼らの辛い症状をやわらげてくれています。

一方で、やはり医薬品ですので副作用は十分あり得ます。
ザイロリックの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

ザイロリックの副作用

ザイロリックの副作用はめったに起きないとされていますが、下記のような副作用が報告されています。

・発疹や水ぶくれなどの皮膚症状
・アナフィラキシー症状
・発熱やのどの痛み
・食欲不振
・腎臓系の症状
・間質性肺炎
・手足のしびれ など

アロプリノールで死亡事故も

ザイロリックに含まれる有効成分アロプリノールは肝機能障害を引き起こすことがあると言われていますが、アロプリノールの副作用で数年のうちに17名が死亡したというニュースが報道されました。

うち13名は腎機能障害をともなう患者であったことから、今現在は腎機能障害をわずらっている人はザイロリックを服用しないようにという注意がなされています。

ザイロリックは安全性の高い薬ではありますが、腎臓に影響を与える可能性があるため、腎臓に問題を抱えている方は服用を控えるようにしましょう。

腎臓に問題を抱えている方以外でも、副作用を起こさないためにアレルギーを持っている方や持病がある方、服用中のお薬がある方はザイロリックを服用する前に飲んでも問題ないか必ず確認することをお勧めします。

ザイロリックは通販サイトでお手頃に購入できる薬ですが、副作用のリスクや注意事項を把握していないと重篤な症状に見舞われる恐れがあります。
通販サイトは病院とは異なり、自分で説明書などから把握する必要がありますので、購入の際には注意深く確認すると良いでしょう。

Copyright(c) 2017 痛風のお供にザイロリック All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com